So-net無料ブログ作成
検索選択

おーんなのーこはーまほうのーとびらをー [随想日録]

事件だ。
なんと嘩猫さんの家に年頃の女の子ができた。
今まで十数人キャラがいて女子(?)は二人だけで、片方は幽霊で片方は座敷童だった我が家に。
17歳の娘っこが生まれるとは!!!!!!
ちなみにアメヒグです。うっすいピンクになる予定です。控えめで大人しい子です。
ちょっと妄想がちでかなりマイナス思考で
ことあるごとに取り乱して窓からフライアウェイしようとする可愛い子です。
この子も色変え終わったらスクショるらー♪
ってか、アマネ様色変え終わったんだけどスクショ撮ってないわ!
すごくきれいな紫になりました。
また紫ですが、うちのその他の紫たちとは無関係だと思います、多分。

そういえば、もう先月の話にはなりますがリアイベ行ってきました。
お会いできて構ってくださった方々に感謝を!!(*´▽`*)アリガトウ!
今回はほぼ最終日だけで、ものすごーくまったーりと、財布のひもを固めに!!固めにっ…!うん。
ってか、新技で黒翼が発表されたときはかなり笑いました。ktkr
プギャ━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━!!!!!!感が半端なかったです。
えぇ、安心の不運クオリティでもちろん自分では出せなかったんですが、
我が心の友のちぁーしゃんがものすごい軽い感じで恵んでくださいました。ありがとうございます。
ツノナデシ持っていくの忘れたので今度お礼にものすごく軽い感じでお渡ししたいと思います。
ちなみにこのツノナデシ君はすでに生まれる予定がありまして、
先ほど書いたアメヒグちゃんの弟さんになる予定です。楽しみです。

DSC02291.jpgせっかくなんでうちのコじまんも描いてきたよ。
予定よりもユンクが恐ろしくぽっちゃりになったのでニャッ君ですって声を大にしては言えません。
多分本人に知れたら、すごい複雑な表情で絵と私の顔を交互に見られると思うので言えない。
あとヴォルグのしっぽの先っちょが逆三角じゃなくて普通の三角になってしまったのは
よく見なきゃわかんないから大丈夫だと思います。フェレル様は上手にかけたよ!ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

コメント(0) 

鎮魂歌 [随想日録]

先日久しぶりにメ/ガ/マ/ソさんのライブに行ってきたんですけども
今まであんまり気にしてなかったThe Requiemの歌詞が結構なんか…うん…萌えた。
聞いてる途中でちょっと色々考えてしまってパーンしたから書き残しておこうかなとね。

強気で無邪気な笑顔を見せてよ、とか、口が悪い君の言葉でも僕はきっと何か得られるよ、とか。

うちの紅いのと深緑いのはお互い好き合ってるはずなんだけど、なんかズレてるんだよね。
ニャッ君は“大切に思ってくれてるのは分かるんだけど、そうじゃないんだよもう!”ってなってて
レヴィさんは“すごい大事な存在でずっと側にいたいと思ってるのは俺だけなんだろうな”みたいな。
“ニャクモは俺がいなくてもやっていけるけど俺はあいつがいなきゃ生きられない”みたいな。
何だろうね!このベクトルが合わない感じ!!
恋愛と家族愛の違いみたいなもんでしょうか。
なんとなく全体的にレヴィさんが悪い気がするけどニャッ君も素直じゃないから、どっちもどっちだね!
でも今でもレヴィさんの発言にニャクが憤死寸前だから、ここはこれでいいのかもしれない。
恥ずか死ぬというやつですね。
飼い主が言うのもなんですが、レヴィさんは存在自体がファンタジーだから
発言もファンタジーでいいと思うんですよね。なんかちょっと世間からズレてる位がしっくりくるよ。

ふつーに庭とかでワイワイキャッキャとニャクと愚ズが遊んでるときなんかに
レヴィさんがボーっとそれを眺めてて、それに気づいたニャッ君が「どうしたの?」って聞くと
「俺、お前の笑ってる顔好きだなーと思って」とか素で言っちゃったりして「( ゚д゚)…は?」みたいな。
「急に何言ってんのww気持ち悪いwww」とか言われても「そうか?じゃあ思うだけにしとくw」で、
ニッて笑って頭ポンポンってして家ン中戻ってったりしちゃったりするもんだから
ニャクがパーンして坊ちゃんとこ駆け込んで、
「ちょっと信じらんないんだけどなんなの絶対からかってるもうホントありえない!!!!(バンバン」
「…うん、紅茶にホコリ入るから落ち着いてくれる?意味わかんないし」
とか、そういう展開になるわけですよね、きっと。
ほらね、レヴィさんが悪い。でも彼もどうしたらいいのか思いあぐねている気がしなくもない。

揺れてる想いよ、星まで届け。
果てない夜空は、君に。
弱気が足りない、僕だけの天使。
君が好き。

僕のとこを俺にしてみたら中の人が恥ずか死にそうになったのはここだけの話。
 

音を立てて紅茶を飲んではいけません


コメント(0) 

ふわっふわっ [随想日録]

このブログは気兼ねなく妄想を駄々もらすためにあるのに
たまにしか書かないせいで自分にとっての敷居が高くなっている気がしてならない。
これはいけませんね。

最近うちの子みんなほのぼのとしているから
たまには血みどろどろどろになっていただきたいようなそんな感じ。

レヴィさんは血みどろになったら、
目に涙をいっぱいためたニャッ君から無言で殴られるだろうと思います。
本人はそれでも治らない戦闘癖に自己嫌悪に陥ればいいと思います。

あぁざわざわする。

コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。